ヒーローは誰???


ヒーローは誰???

皆さん、こんにちは。

30代次世代経営者(若手経営者)
40代二代目・三代目経営者
50代後継者育成を考える経営者を応援する
株式会社SANNET・コーチ 香西(こうざい) 拓也です。

先日、先輩のセラピストさんから「私の今後に役に立つと思うから・・・」とこちらの書籍を
ご紹介頂き、読み始めています。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
写真(不安を転機に)
仕事で成長する人は、なぜ「不安」を「転機」に変えられるのか?
久世 浩司著

今日はこちらの書籍を読む中から自分に起こった気付きについて書いてみたいと思います。
(以下は、私の主観から生まれた気付きや感想であり、書籍の主旨や本分とは違うことを
 ご了承下さい)

不安とは

どんな方にもある感情かも知れません(無いと言う方もいらっしゃると思います)。
私には、あります(汗)

この書籍では、不安は「ネガティブな未来予想」が産み出す感情と書かれています。
その主な発生原因は、
① 失敗の不安
 うまくいかなかったらどうしよう・・・
② 未知の不安
 先が読めない。やったことがない・・・
③ 喪失の不安
 自分にとって大切な何かを失ってしまうかもしれない・・・

の3つに分けられるのだとか。

私の主観・考察

この一説から感じ得たのは、「今ここ」ではないと言う事です。
そして、主人と召使みたいな「主従関係」で表現すると、
自分以外の外に「主体(主人)」を置いているのではないだろうか?
結果、自分が主体の「客体(召使)」になっているのではないだろうか?と思うのです。

要は、
自分が「外」の事柄や人などに操られていると言うか、基準を置く状態になってしまっている。
それは、自分ではどうすることも出来ない状況や状態。
そのどうすることも出来ない状況や環境を自分で作って、勝手に想いを巡らせて何だか“アタフタ”する。
そこに、「不安」感情が起きるのではなかろうかと・・・。

ならば、
他の人と比べることとか、
まだ起きてもいない事柄を考えることをやめてみる。

自分は自分って考える。

これって
“自分都合”とか“マイペース”なんて言葉に置き換えていいかもしれませんが、
主体(主人)」と「客体(召使)」を入れ替えるようなことをやってみると案外楽になったりするかもしれませんね。

だって、自分の人生なんですから、勝手に誰かに使われるのって癪に障りません(笑)

自分の人生(ストーリー)、自分がヒーローでいいじゃないですか?!

もうちょっと読んでまた気付きが生まれたら、ここでシェアしてみたいと思います。

■SANNETでは、「リーダーシップ」「コミュニケーション」「人間関係」に関する
 ワークショップ・講座・研修を開催しています。
 また、「売上up」「生産性up」につながるリーダーシップ開発・組織開発に関する
 経営支援をさせて頂いております。
 些細な事でも結構ですので、ご相談下さい。

■問い合わせ・ご相談は下記のコンタクト、あるいは、お電話でお問い合わせ下さい
 http://sannet.me/contact/

■料金・サポート内容はこちら
 http://sannet.me/flow-price/

■よくあるご質問についてはこちら
 http://sannet.me/qa/